GUILTY GEAR シリーズ一覧

2017

最新作

GUILTY GEAR Xrd REV 2

GUILTY GEAR Xrd REV 2 ギルティギア イグザード レヴツー

AC(RINGEDGE2)・PS4

現行の最新シリーズの第三作。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- をベースにバランス調整が行われたタイトル。

2017年3月30日にAC版が稼動。2017年5月25日に家庭用(PS4版)が発売された。
また、前作「GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-」(PS4、PS3、Steam)から、2000円でREV 2 相等へアップグレードが可能となっている。

新規キャラクターとして、AC版から梅喧、アンサーが参戦。
「GUILTY GEAR ΛCORE PLUS R」と並んで、シリーズ最多となる全25キャラクターが参戦している。

ストーリーラインは「GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-」のストーリー本編を収録。
また、その後日談となるシナリオが追加されている。
※全3編中、発売日に1編。残りの2編は無料アップデートでの追加となる。

派生作品

2015

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- ギルティギア イグザード レベレーター

AC(RINGEDGE2)・PS4・PS3・Steam

現行の最新シリーズの第二作。
GUILTY GEAR Xrd -SIGN- をベースに映像表現を強化。

2015年8月にAC版が稼動、2016年5月26日に家庭用(PS4版、PS3版)が発売された。
また、2016年12月15日にSteam版が発売となっている。
新規キャラクターとして、AC版にてジョニー、蔵土縁紗夢、ジャック・オーの3キャラクターが参戦。
家庭用にてレイヴン、クム=へヒョン、家庭用のアップデートにてディズィーが追加され、全23キャラクターとなった。

ストーリーラインは連れ去られたエルフェルトを奪還するエピソード(GUILTY GEAR Xrd -SIGN-の続き)が描かれている。
※同ストーリーは REV 2 にも収録されている。

現行最新作である「GUILTY GEAR Xrd REV 2」へ低価格でアップグレードが可能となっている。

2014

GUILTY GEAR Xrd -SIGN-

GUILTY GEAR Xrd -SIGN- ギルティギア イグザード サイン

AC(RINGEDGE2)・PS4・PS3・Steam

現行の最新シリーズの第一作。
制作方法を2Dから3Dへ完全移行。シリーズ伝統の手描きアニメーションを3Dで再現する手法を取り入れた。そのため、カメラを大きく動かすなどのダイナミックな演出が実装されている。

システム面では、シリーズの代名詞であった「ロマンキャンセル」が大幅にリニューアルされた。
2013年5月のアークシステムワークス25周年フェスティバルで電撃発表され、2014年2月20日にAC版が稼動した。
その後、2014年12月4日にPS4版・PS3版が発売されている。

AC版初期はタイムリリースのラムレザルを含む14キャラクターが参戦。家庭用でシン、エルフェルト、レオの3キャラクターが追加され、総勢17キャラクターがプレイアブルとなっている。
また、アニメーションを強く意識した長尺のストーリーモードが搭載されている。

年現在、PS4版、PS3版、Steam版が入手可能となっている。最新作「GUILTY GEAR Xrd REV 2」を楽しむための土台となるストーリーが展開されているので、是非、ご覧頂きたい。

2013

GUILTY GEAR Vastedge

2012

GUILTY GEAR XX Λ CORE PLUS R

GUILTY GEAR XX Λ CORE PLUS R ギルティギア イグゼクス アクセントコア プラスアール

AC(RINGEDGE2)・PS3 Vita・Steam

GUILTY GEAR XX ΛCORE PLUS をベースに大幅なバランス調整が行われたタイトル。AC版として、クリフ、ジャスティスが初参戦している。
2012年9月にAC版が稼動。

SEGA社のALL.Net P-ras MULTI 2 のAimeカードシステムが追加され、連動するWebサービス「Player's Guild」を開設。
プレイヤーのデータを保存やプロフィールのカスタマイズなど、現在のAC版サービスの骨格を作った。
その後、2013年にVITA版が発売され、2015年にSteam版が発売された。

2007

GUILTY GEAR 2 -OVERTURE-

GUILTY GEAR 2 -OVERTURE- ギルティギア ツー オーヴァチュア

Xbox 360・Steam

格闘ゲームからジャンルが変わり「メーレーアクション(ACTとRTSを融合した)」となった本作。
RTS要素に比重を置いた「オンライン対戦ツール」としてのゲーム性を重視して制作された。
ソル、カイの2主人公に加え、シン、イズナ、Dr.パラダイム、ヴァレンタインがプレイアブルキャラクターとして登場。後のアップデートでレイヴンが追加された。
突如襲来した謎の少女「ヴァレンタイン」とソルたちとの壮絶なバトルが展開され、現行シリーズ(Xrd)のストーリーラインを追う上で重要な前日譚となっている。
年現在、Xbox 360版のDiscは入手困難となっており、Xbox 360のゲームオンデマンド版またはSteam PC版が入手可能。

2006

GUILTY GEAR XX Λ CORE

GUILTY GEAR XX Λ CORE ギルティギア イグゼクス アクセントコア

AC(NAOMI)・PS2・Wii

「フォースブレイク」や「スラッシュバック」「投げ抜け」などの新バトルシステムが搭載され、より先鋭化したタイトル。
2006年12月にAC版が稼働し、2007年5月にPS2版、7月にWii版が発売されている。
後にダウンロード専用として、Xbox 360版とPS3版が発売されている。
年現在、Steam版の「GUILTY GEAR XX Λ CORE PLUS R」を購入することで、本作バージョンで遊ぶことが出来る。
GUILTY GEAR Dust Strikers
GUILTY GEAR JUDGMENT

2005

GUILTY GEAR XX SLASH

GUILTY GEAR XX SLASH ギルティギア イグゼクス スラッシュ

AC(NAOMI)・PS2

「#RELORD」をベースにバランスを一新したタイトル。
2005年9月にAC版が稼動。2006年4月にPS2版が発売された。
A.B.A(アバ)と聖騎士団ソルが初参戦した。

2003

GUILTY GEAR XX #RELOAD

GUILTY GEAR XX #RELOAD ギルティギア イグゼクス シャープリロード

AC(NAOMI)・PS2・Xbox・PSP・Windows・Steam

GUILTY GEAR XX をベースにプレイアブルキャラクターとしてロボカイが初参戦した作品。
2つのバージョンが存在し、通称「赤リロ」「青リロ」と呼ばれている。この「青リロ」が現行(Xrdシリーズ)の元となった作品である。
GUILTY GEAR ISUKA

2002

GUILTY GEAR XX

GUILTY GEAR XX ギルティギア イグゼクス

AC(NAOMI)・PS2

シリーズ3番目となる作品。通称、GGXX(無印)と呼ばれている。
バトルシステムとして「サイクバースト」が追加されるなどシリーズの基礎システムの最終的なベースを構築したタイトル。
イノ、スレイヤー、ザッパ、ブリジットが初参戦した。
GUILTY GEAR X ADVANCE EDITION

2001

ギルティギア プチ2
GUILTY GEAR PETIT

2000

GUILTY GEAR X

GUILTY GEAR X ギルティギア ゼクス

AC(NAOMI)・ドリームキャスト・Windows・PS2・ゲームボーイアドバンス

シリーズ初のACタイトルとなった本作。高解像度の美麗なグラフィックスで話題を呼び、人気作となった。現行シリーズ(Xrd)の基本骨格となった作品である。

プレイアブルキャラクターとして、紗夢、闇慈、ジョニー、ヴェノム、テスタメント、ディズィーが初参戦し、最終的に16キャラ(+家庭用にてクリフとジャスティス)がプレイ可能。

ソルがジャスティスを封印してから1年後。「人に危害を加えないギアが現れた」という情報が流れ、そのギアをめぐるストーリーが展開された。
本作をベースにした「GUILTY GEAR X PLUS」(PS2版)や「GUILTY GEAR X ADVANCE EDITION」(GBA版)が発売されている。

1998

GUILTY GEAR

GUILTY GEAR ギルティギア

PS・(ゲームアーカイブスにてPSP、PS3、VITA)

1998年5月14日に初代 PlayStation® で発売された記念すべき第一作。
スピーディかつ派手な超人たちのバトルをアニメ調で表現することを目標として制作された。
第二次聖騎士団員選考武道大会を舞台に主人公ソルとジャスティスとの戦いが描かれた。
プレイアブルキャラクターは13キャラター。
年現在、PS3とVITA版のゲームアーカイブスがPS®ストアから入手可能となっている。